Skip to content
Visual Studio 2019 の新機能 | 無料ダウンロード2020-09-24T18:45:21-07:00

最新情報

Visual Studio 2019

Animation showing one-click code cleanup buttonAnimation of AI assisted recommendationsAnimation of Live Share's collaborative development displaying where other collaborators are shown
whatsnew animation tablet version
Whatsnew animation mobile version

任意の言語やフレームワークを使用できます

.NETPythonC++NodeJSTypeScriptJavaScript

新機能で時間を節約

パフォーマンス向上、即座のコード クリーンアップ、検索結果の向上、さらに Git 統合により、生産的な作業に集中し続けることができます。

Video of Visual Studio 2019 develop

検索機能の向上

設定、コマンド、インストール オプションなどを検索すると、関連性のある結果が得られます。

コードのクリーンアップ

コード内の複数の問題の間を移動し、スタイルやフォーマットの修正を一括して適用します。

IntelliCode

AI によって機能強化され、何千もの一般的なオープン ソース リポジトリでトレーニングがなされています。

チームで協力して問題を解決

Git-first ワークフロー、リアルタイムの編集とデバッグ、さらにコード レビューを Visual Studio の中で行って自然なコラボレーションが可能になります。

Video of Visual Studio 2019 collaborate

Git-first ワークフロー

コードをオンライン リポジトリまたは SSH URI から複製またはチェックアウトすることにより、すぐにコーディングを開始できます。

Live Share

同じコードベース上で任意の開発者と共同作業できます。その際、他の開発者の環境を複製する必要はありません。

統合されたコード レビュー

Visual Studio 内で作成、レビュー、Azure リポジトリまたは GitHub からの pull request にコメントできます。

ターゲットに正確に焦点を絞る

特定の値をハイライトしてそれに移動したり、メモリ使用を最適化したり、アプリケーション実行の自動スナップショットを取ることができます。

Video of Visual Studio 2019 debug

パフォーマンスの向上

外部プロセスを持つ複雑で大規模なアプリを扱う、強化された C++ デバッガーを使用できます。

デバッグ中に検索

[自動変数]、[ローカル]、[ウォッチ] ウィンドウで新しい検索機能を使ってオブジェクトや値をすばやく見つけることができます。

スナップショット デバッグ (Enterprise のみ)

クラウドでアプリ実行のスナップショットを取って、何が起きているかを正確に把握します。

強化された最新機能にアップグレード

強化された最新機能にアップグレード
特性バージョン

Visual Studio 2015

Visual Studio 2017

Visual Studio 2019

Git-first ワークフロー

使用できない機能

使用できない機能

Visual Studio Live Share

使用できない機能

使用できない機能

CodeLens (Community Edition)

使用できない機能

使用できない機能

デバッグ ウィンドウでの検索

使用できない機能

使用できない機能

Live Unit Testing

使用できない機能

IntelliCode

使用できない機能

使用できない機能

統合プル要求

使用できない機能

使用できない機能

アウトプロセス デバッガー

使用できない機能

使用できない機能

更新

リリース 16.4

Visual Studio 2019

最新の更新プログラム

  • 新しいコンテナー ツール ウィンドウ。Docker イメージとコンテナーの一覧表示、検査、停止、開始、削除に加えて、フォルダーやファイルを表示したり、ターミナル ウィンドウを開いたりすることができます。
  • Xamarin の XAML ホット リロード。XAML UI を変更してライブに反映することができます。別のビルドやデプロイは必要ありません。
  • 新しいピン留め可能なプロパティ ツール。 [ウォッチ]、[自動変数]、[ローカル] ウィンドウのプロパティを、画面の一番上に配置できます。
  • XAML ツールの機能強化。たとえば、IntelliSense でのスニペットの表示、参照アセンブリのリソースの表示、ライブ ビジュアル ツリーでの [自分の XAML のみ] などがあります。

バグ修正

  • セミコロンを押しても、IntelliSense ウィンドウが閉じなくなりました
  • フィードバックが寄せられた複数の Visual Studio に関する問題が解決されました。提案についてのログの収集は必須ではなくなり、サインイン関連の問題、存在しないスクリーンショットでのクラッシュ、ハイ コントラスト テーマのアプリケーションの問題が解消されました
  • CMake プロジェクト ファイルが正常に読み込まれるようになり、コマンド ラインからも読み込まれるようになりました

リリース ノート

リリース 16.3

Visual Studio 2019

最新の更新プログラム

  • .NET Core 3.0 はこの最新の Visual Studio のバージョンでサポートされるようになりました。 これにより、ASP.NET Core Web、Blazor アプリケーション、gRPC サービスなどと共に、.NET Core 3.0 を使用して WPF や Windows フォーム デスクトップ アプリケーションを作成できます。
  • インターフェイス、列挙型、クラスの名前変更時 (Ctrl + R、R) のファイルの名前変更、初期化子の記述後のローカル変数の使用など、.NET 開発者の生産性を強化する複数の機能改善が追加されました。
  • このバージョンの Visual Studio では、.NET Framework 4.8 を対象としているアプリケーションおよび F# 4.7 で記述されたアプリケーションがサポートされます。
  • C++ 開発者は、行コメントの切り替え、既定でオンの IntelliCode、強化された IntelliSense メンバー リスト フィルターを利用できるようになりました。

バグ修正と改善点

  • すべてのエディターおよび生産性機能がローカライズされました。
  • [エディット コンティニュを有効にする] がオフの場合に、Visual Studio 2019 がクラッシュしなくなりました。
  • メンバー リストをアップしたときのかっこの入力補完で、文字が正しい位置に配置されるようになりました。

リリース ノート

リリース 16.2

Visual Studio 2019

最新の更新プログラム

  • [テスト エクスプローラー] の UI が大幅に改善されました。これには、大規模なテスト セットの処理の改善、さらなるフィルター処理、コマンド、カスタマイズ可能な列の追加などが含まれます。
  • 開発者コマンド プロンプトと開発者 PowerShell は、[ツール] > [コマンド ライン] または Visual Studio 検索から検索することでアクセスできます。
  • JavaScript アプリケーションにブレークポイントを設定し、Microsoft Edge Insider ブラウザーを使用してデバッグ セッションを開始できるようになりました。

バグ修正と改善点

  • メニューとツールバーで垂直スペースがより適切に使用されるようになりました
  • スタート ウィンドウで、サイズの変更、ファイルのドロップ、キーボード ショートカットの使用が可能になりました
  • また、さまざまな Xamarin.Android ス タートアップの改善がリリースされました

リリース ノート

リリース 16.1

Visual Studio 2019

最新の更新プログラム

  • IntelliCode がボックスで利用可能となりました。拡張機能は不要です
  • 非常によく使われている GitHub 拡張機能が、既定で Visual Studio にインストールされるようになりました
  • Visual Studio Enterprise 2019 のタイム トラベル デバッグ (TTD) プレビューでは、実行中のアプリの記録、実行パスの再構築と再生を行うことができます

バグ修正と改善点

  • モニターごとの対応 (PMA) のサポートにより、表示倍率に関係なく、すべてのモニターで作業中のコードが鮮明に表示されます
  • 同一ソリューション内の共有プロジェクトを参照する VSIX プロジェクトの機能が追加されました

リリース ノート

リリース 16.0

Visual Studio 2019

最新の更新プログラム

  • 新しいプロジェクトのメニューで、すばやくプロジェクトの依存関係を読み込むことができます
  • CMake プロジェクトに含まれる C++ ファイルの IntelliSense のパフォーマンスが向上しました
  • より少ないメモリでより大きい .NET Core ソリューションを読み込むことができます

バグ修正と改善点

  • 新しいスタート ウィンドウを使用して、最近使ったプロジェクトやフォルダーをすぐに開いたり、プロジェクトをすばやく複製したり、開いたり、作成したりできます。
  • カスタム引数を使って Google Chrome を起動し、Visual Studio 内で JavaScript のデバッグを有効にすることで時間を節約します。

リリース ノート

リリース 15.9

Visual Studio 2017

最新の更新プログラム

  • Visual Studio Tools for Xamarin で Xcode 10 がサポートされるようになりました
  • TypeScript 3.1 のサポートが追加されました
  • ユニバーサル Windows プラットフォームのアプリケーションについて、F5 キー (ビルド + 配置) の速度を改善しました

バグ修正と改善点

  • 新しいシンボル パッケージ形式 (.snupkg) により、NuGet パッケージのデバッグ操作が改善されました。
  • Visual Studio のインスタンスと共にどのワークロードとコンポーネントをインストールするか指定するインストール構成ファイルをインポートおよびエクスポートできるようになりました。

リリース ノート

フィードバック