Feedback

/Visual Studio App Center | Visual Studio
Visual Studio App Center | Visual Studio 2018-05-29T10:54:16+00:00

Visual Studio App Center logo
Visual Studio App Center

すべてを継続的に – ビルド。 テスト。配置。エンゲージ。繰り返し。
無償利用の開始
Swift logo Obj-C logo Java logo Xamarin logo React logo

Visual Studio App Center

すべてを継続的に – ビルド。 テスト。配置。エンゲージ。繰り返し。
無償利用の開始
platform icons
Quora logo Highrise logo Ring logo Fresh Direct logo Fox Sports logo Good Food logo
trusted partner logos

製品更新

GitHub モバイル プロジェクトをより迅速にリリースする

GitHub のモバイル プロジェクトのビルド、テスト、配布の一連のプロセスを自動化します。 GitHub Marketplace から App Center を単にインストールするか、継続的インテグレーションおよび継続的開発 (CI/CD) の GitHub UI の通知経由で App Center を簡単にインストールできます。

高品質のアプリをより早く自信を持って提供

iOS、Android、Windows、macOS アプリのライフサイクルを自動化します。 リポジトリに接続し、数分以内にクラウドでビルドし、数千の実機のデバイスでテストし、ベータ テスターとアプリ ストアに配布し、実世界での使用状況を監視してクラッシュ データや分析データを取得します。 すべてをワンストップで実行します。

分単位の継続的インテグレーション

アプリのビルドを何回も短時間で実行

iOS、Android、Windows、macOS アプリをローカルにビルドする必要はありません。 GitHub、Bitbucket、または VSTS リポジトリに接続し、すべてのプル要求またはオンデマンドによってアプリを自動的にビルドします。ビルド エージェントの管理に悩む必要はありません。
Continuous Integration that’s easy
Continuous Quality that’s powerful

実機のデバイスでの継続的な高品質

高品質のアプリを自信をもって提供

Appium、Espresso、XCUITest などの一般的なフレームワークを使用して、数千台の実世界のデバイスでの UI テストとクラウド内での数百の構成の UI テストを自動化します。 ユーザーが実行できるすべての UI 操作をテストし、毎回のビルドで詳細な手順を追った追跡レポート、スナップショット、およびログを取得して、バグとパフォーマンスの問題を診断します。

機能する継続的配信

あらゆる場所に簡単にデプロイ

すべてのコミットまたはオンデマンドによって、アプリを Android、iOS、Windows、macOS のベータ テスターとベータ ユーザーに配布します。 異なるテスター グループに異なるビルドを送信し、アプリ内更新経由で通知します。 準備ができたら、Apple の App Store, Google Play、Microsoft Intune にリリースします。
Continuous delivery

成長するための継続的なラーニング

Insightful crash reports

洞察に満ちたクラッシュ レポート

インテリジェントなクラッシュのグループ化と管理、シンボルを利用したすばやいデバッグ、詳細なクラッシュ レポートなどの高度な機能を使用して、アプリの正常性を監視します。 修正が必要な問題が出現すると、通知が発行されます。

リアルタイム分析

iOS、Android、Windows、macOS アプリのユーザー セッション、上位のデバイス、OS のバージョン、動作分析、イベント トラッカーに関する深い洞察による重要事項に集中することで、ユーザー対象を拡大します。 カスタム イベントを作成してすべてを簡単に追跡します。

柔軟性と選択

必要な App Center サービスだけを選択

独自の分析ソリューションを使用していますか。 別のベータ版の配布プラットフォームを使用していますか。 問題ありません。 オープンソースの SDK と API によって、必要な App Center サービスだけを統合できます。
Flexibility & choice - Move faster and increase quality with the tools you already use

iOS、Android、Windows、macOS のアプリ開発ライフサイクルを自動化

1.CocoaPods を使用して統合する

まだインストールしていない場合は、CocoaPods をインストールするために アプリをダウンロードする か、端末で次のコマンドを実行します。

$ sudo gem install cocoapods

CocoaPods をまだ使用していない場合は、アプリのルート ディレクトリでpod init を実行してプロファイルを作成します。

以下の行をプロファイルに追加して、すべての App Center サービスがビルドするアプリに含まれるようにします。

pod ‘AppCenter’

ファイルを保存し、ターミナルで次のコマンドを実行します。

$ pod install

ビルドするアプリ用の.xcworkspace ファイルを開きます。

2.SDK を起動する

.AppDelegate.swift ファイルを開き、次の行を、import ステートメントの下に追加します。

import AppCenter
import AppCenterAnalytics
import AppCenterCrashes

同じファイルで、次の行をdidFinishLaunchingWithOptions delegate メソッドに追加します。

MSAppCenter.start(“2b17e7b3-f7d8-4f72-8245-48d873b9ed6e”, withServices:[
MSAnalytics.self,
MSCrashes.self
])

1.CocoaPods を使用して統合する

まだインストールしていない場合は、CocoaPods をインストールするために アプリをダウンロードする か、端末で次のコマンドを実行します。

$ sudo gem install cocoapods

CocoaPods をまだ使用していない場合は、アプリのルート ディレクトリでpod init を実行してプロファイルを作成します。

以下の行をプロファイルに追加して、すべての App Center サービスがビルドするアプリに含まれるようにします。

pod ‘AppCenter’

ファイルを保存し、ターミナルで次のコマンドを実行します。

$ pod install

ビルドするアプリ用の.xcworkspace ファイルを開きます。

2.SDK を起動する

.AppDelegate.m ファイルを開き、次の行を、import ステートメントの下に追加します。

@import AppCenter;
@import AppCenterAnalytics;
@import AppCenterCrashes;

同じファイルで、次の行をdidFinishLaunchingWithOptions delegate メソッドに追加します。

[MSAppCenter start:@”2b17e7b3-f7d8-4f72-8245-48d873b9ed6e” withServices:@[MSAnalytics class],[MSCrashes class]
];

1.SDK をプロジェクトに追加する

ファイルにapp/build.gradle 次の行を追加します。

dependencies {
def AppCenterSdkVersion = ‘1.0.0’
compile “com.microsoft.appcenter:appcenter-analytics:${appCenterSdkVersion}”
compile “com.microsoft.appcenter:appcenter-crashes:${appCenterSdkVersion}”
}

2.SDK を起動する

アプリの main activity クラスを開き、次の import ステートメントを追加します。

import com.microsoft.appcenter.AppCenter;
import com.microsoft.appcenter.analytics.Analytics;
import com.microsoft.appcenter.crashes.Crashes;

同じファイルでonCreate コールバックを探し、次の行を追加します。

AppCenter.start(getApplication(), “0dbacd70-10a8-4ba3-b13b-44eb2125d559”,
Analytics.class, Crashes.class);

1.NuGet パッケージをソリューションに追加する

検索対象App Center を検索し、結果から次のパッケージを探します。
• Mac の場合は、App Center Analytics ,App Center Crashes を選択し、両方のパッケージを追加します。
• Windows の場合は、以下をインストールします:Microsoft.AppCenter.Analytics

およびMicrosoft.AppCenter.Crashes のパッケージ。

移植可能なプロジェクトで App Center SDK を使用する場合は、移植可能なプロジェクトと iOS プロジェクトの両方にパッケージをインストールする必要があります。

2.SDK を起動する

アプリのAppDelegate.cs 内に、次のusing ステートメントを追加します。

using Microsoft.AppCenter;
using Microsoft.AppCenter.Analytics;
using Microsoft.AppCenter.Crashes;

同じファイルで、次の行をFinishedLaunching() メソッドに追加します。

AppCenter.Start(“8abff201-dc8e-4068-b0d0-15b80d46b181”,
typeof(Analytics), typeof(Crashes));

1.SDK をプロジェクトに追加する

React Native プロジェクトのルートで開いたターミナル ウィンドウで、次の行を入力して、Crashes サービスと Analytics サービスをアプリに追加します。

$ npm install appcenter appcenter-analytics appcenter-crashes –save

2.SDK をリンクする

react-native link コマンドを使用して、プラグインを React Native アプリにリンクします。 このコマンドは、インストールされているすべての React Native プラグインをリンクします。

$ react-native link

SDK は、プラットフォームごとにアプリ シークレットの入力を求めます。アプリ シークレットはアプリ センターで割り当てられます。 シークレットは既に入力されている場合があり、隣に質問が表示されます。 入力されているシークレットが正しければ、Enter キーを押して先に進みます。

What is the Android app secret? 49deeb18-5fcc-4bf9-b5b0-1cb3aa5bd5e3
What is the iOS app secret? (From corresponding iOS app in App Center)

さらに SDK は、クラッシュ レポートとユーザー イベントを送信するかどうかを確認します。セットアップを簡単にするために、送信することをお勧めします。 ユーザーのプライバシーを管理するためのオプト アウト。

App Center では、iOS、Android、Windows、macOS アプリのビルド、テスト、デプロイ、監視のすべてをワンストップで実行できます。