メイン コンテンツへスキップ
Visual Studio
テクニカル サポートと FAQ | Visual Studio IDE2022-05-09T14:48:04-07:00

Visual Studio に関するヘルプを入手

サポート ページのヒーロー画像

よく寄せられる質問

Visual Studio の現行および以前のバージョンのシステム要件をご確認ください。

不適合を最小限に抑え、スムーズなインストール エクスペリエンスを実現するには、次の手順に従って、コンピューターを Visual Studio 用に準備することをお勧めします。

  • 最新の Windows Update を適用します。
  • Visual Studio のインストールを開始する前に再起動します。
  • Visual Studio をインストールする前に、SystemDrive に十分な領域があることを確認してください。

Visual Studio の以前のリリースは、古いダウンロードで利用可能です。

Visual Studio 2017 以降では、ISO ファイルは提供されません。 代わりに、Visual Studio のオフライン インストールを作成する でレイアウトの作成方法に関する手順を参照してください。

Developer Community を使用して問題を報告する場合は、ほとんどのログは自動的に収集されます。 追加のログを提供するように求められた場合は、このツールを使用して Microsoft Visual Studio と .NET Framework のインストールから情報を収集します

これらの指示に従って、アンインストール、またはVisual Studio を削除します。

いいえ。Community エディションはさまざまなシナリオに無償で使用できます。 Visual Studio コミュニティについて説明します

Community エディションのインストール時にライセンスを求めるメッセージが表示された場合、サインインして IDE をロック解除する必要がある場合もあります。 これらの指示に従って Visual Studio にサインインします。

Visual Studio は、  Volume Licensing、 Visual Studio MarketplaceMicrosoft Store をはじめとする様々な販路から購入できます。

サブスクリプションの特典と価格を比較 して、それぞれの Visual Studio サブスクリプションの利点を理解します。 サブスクリプション特典ページを参照して、適切なサブスクリプションを決定してください。

Microsoft Store

Microsoft Store で利用できるリテール Visual Studio サブスクリプションには、次が含まれます:
Visual Studio Enterprise
Visual Studio Professional
Visual Studio Test Professional

サブスクリプション、またはサブスクリプションに含まれる特典なしで Visual Studio を 1 回限り購入する場合、Microsoft Store にアクセスして最新の Visual Studio Professional を取得します。

Visual Studio Marketplace

月単位のサブスクリプションを使用すると、長期契約なしで、最新バージョンの Studio と Azure DevOps にアクセスできます。 課金は Microsoft Azure によって処理されます。 Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、無料で設定できます。最初の購入時にこれを行うことができます。
Visual Studio Professional – 月額プラン
Visual Studio Enterprise – 月間サブスクリプション
月次の Visual Studio サブスクリプション請求に関する詳細をご確認ください。

ボリューム ライセンス

ボリューム ライセンス サブスクリプションは、組織が多数のサブスクリプションを購入する必要がある場合に使用できます。 ボリューム ライセンスによる購入については、詳細情報をご覧ください。

Visual Studio サブスクリプションを購入済みで、そのサブスクリプションがまだアクティブな場合は、Visual Studio の最新リリースを利用できます。(例: Visual Studio 2019 を購入されおり、 サブスクリプションはまだアクティブです。 Visual Studio 2022 を利用する資格があります)

以前のバージョンの Visual Studio Professional に対してスタンドアロン ライセンスを購入した場合、Visual Studio Professional の最新リリースの資格はありません。(例: Visual Studio Professional 2019 のスタンドアロン ライセンスを購入しており、サブスクリプションはまだアクティブです。 Visual Studio 2022 利用の資格はありません

また、2015 年 (暦年) に Visual Studio Subscription を購入し、更新いただいていないお客様も、Visual Studio 2019 以降のバージョンをご利用いただけません。

製品ライフサイクルの詳細については、以下を参照してください。サポートとサービスについては、Visual Studio 製品ライフサイクルとサービスに関するページ

Visual Studio ライセンスは Visual Studio ライセンス ディレクトリにあります。 Visual Studio のライセンスの詳細については、ライセンス ホワイト ペーパーを参照してください。

Visual Studio のインストール プロセスには管理者権限が必要です。 このような要件は、特定のユーザー アクセス許可が必要な SQL Server インストール ルーチンに起因します。 いったん Visual Studio が正常にインストールされれば、管理者権限は不要になります。

詳細については、アクセス許可不足による SQL Server インストール エラーの解決に関するこの記事を参照してください。

必要なものが見つかりませんでしたか?

Developer Community で問題が既に解決されているかどうかを確認します

問題の解決策を見つけたり、回避策を調べ、問題を報告したり、新機能を要求したりします。

フィードバック