Visual Studio サブスクリプションのサポート - Visual Studio Skip to content
メイン コンテンツへスキップ
Visual Studio
Visual Studio サブスクリプションのサポート2020-11-09T10:33:31-08:00

Visual Studio サブスクリプションのサポート

FAQ を検索して、サブスクリプション、アカウント、請求に関する一般的なサポートの質問に対する回答を得ることができます。 右側にあるボタンを使用して、サブスクライバーと管理者を切り替えます。

よく寄せられる質問

管理者の Web ページには、すべての更新情報、ビデオ、重要なリンクがあります。 そして、管理者になるための文書によるガイダンスは、Microsoft のドキュメントに記載されています。

スーパー管理者の場合は、他のスーパー管理者または管理者を追加または削除できます。 管理者は、サブスクライバーの追加または削除しかできず、[管理者の管理] タブが管理ポータルに表示されません。

管理者を管理するには:

  1. manage.visualstudio.com のページの上部にある [管理者の管理] タブを選択します。
  2. 追加するには、[追加] を選択し、追加する人の名前とメール アドレスを入力し、ドロップダウン メニューから適切な契約を選択して、ウェルカム メールを受け取る言語を選択し、[スーパー管理者] を選択します。
  3. 削除するには、削除する人を選択し、[削除] を選択するだけです。

クラウド サブスクリプションは、クラウド サブスクリプションの購入に使用した Azure サブスクリプションに割り当てられている管理者によって管理されます。 サブスクリプションの所有者は、最初の管理者として自動的に割り当てられます。

さらに管理者を割り当てるには:

  1. Azure portal (portal.azure.com) にアクセスします。
  2. Visual Studio クラウド サブスクリプションの購入に使用したアカウントでサインインします。
  3. 左側のナビゲーション ウィンドウで、[コストの管理と請求] まで下にスクロールします。
  4. [個人用サブスクリプション] リストで、購入に使用した Azure サブスクリプションを選択します。
  5. 左側のナビゲーション ウィンドウのリストの一番上の近くにある [アクセス制御] をクリックします。
  6. ページの上部にある [追加] タブをクリックします。
  7. 右側のフライアウト ウィンドウで、管理者にする加入者の名前をクリックします。
  8. ウィンドウの一番にある [ロール] ドロップダウンをクリックし、下にスクロールして [ユーザー アクセス管理者] を選択します。
  9. [保存] をクリックします。

クラウド サブスクリプションの管理の詳細については、こちらを参照してください。

エンド ユーザーにサブスクリプションを一度に 1 つずつ割り当てることも、一括追加機能を使用して、すばやく簡単に多数のサブスクライバーを一度にアップロードすることもできます。

サブスクリプションを個別に割り当てるには:

  1. manage.visualstudio.com のページの上部にある [サブスクライバーを管理] タブを選択します
  2. [追加] を選択し、サブスクリプションを割り当てるユーザーの名前とメール アドレスを入力します。
    1. 組織で Azure Active Directory を使用している場合は、名前フィールドによって、現在のディレクトリ内のユーザーが検索されます。 検索結果から選択することも、手動でユーザーを追加することもできます。
  3. サブスクライバーが Visual Studio サブスクリプション ポータルにサインインするときにソフトウェアのダウンロードにアクセスできるようにする場合は、必ず、[ダウンロードの設定] セクションのダウンロードのトグルをオンのままにしてください。
  4. [通信設定] セクションに入力し、サブスクライバーに割り当てメールを送信する際の言語がわかるようにします。
  5. 割り当てに関連付けられるメモを追加する場合は、参照選択を使用してください。
  6. フライアウト パネルの下部にある [追加] を選択して、サブスクリプションの割り当てを完了します。 サブスクライバーはメールを受信し、すぐに Visual Studio サブスクリプションを使用し始めることができます (サブスクライバーがアクティブ化する必要はありません)。

サブスクリプションを一括で割り当てるには:

  1. manage.visualstudio.com のページの上部にある [サブスクライバーを管理] タブを選択します。
  2. [一括追加] を選択し、Excel テンプレートをダウンロードして、ローカル コピーを保存します。
  3. [参照] フィールドを除く、すべてのフィールドに入力してください。
    1. フォームのどのフィールドにもコンマが含まれていないことを確認します。
    2. フォームのフィールドの前後のスペースを削除します。
    3. 名前の名または姓が 2 つの部分からなる場合、それらの間に余分なスペースがないようにしてください (たとえば、ユーザーの名が "Maggie May" のように 2 つの部分からなる場合は、"MaggieMay" と入力する必要があります)。
  4. manage.visualstudio.com に戻り、[一括追加] を選択して、保存した Excel テンプレートのコピーをアップロードします。
  5. アップロードに成功すると、確認ページが表示され、新しいサブスクライバーが設定されたサブスクライバーの一覧が示されます。 サブスクライバーはメールを受信し、すぐに Visual Studio サブスクリプションを使用し始めることができます (サブスクライバーがアクティブ化する必要はありません)。

サブスクリプションをすばやく簡単に割り当てる方法の詳細については、Visual Studio サブスクリプション管理者ポータルでのサブスクリプションの割り当てに関する記事を参照してください。 Visual Studio Subscription with GitHub Enterprise の管理に関する詳細は、こちらをご覧ください。

GitHub Enterprise の設定プロセスとは

GitHub Enterprise は、Visual Studio サブスクリプションとは別に設定され、管理されます。 Visual Studio Subscription with GitHub Enterprise を購入すると、GitHub Enterprise アカウントの設定プロセスが、manage.visualstudio.com での契約と並行して (ただし、別に) 開始されます。 この GitHub Enterprise アカウントの確立には、時間がかかることがあります。

会社が GitHub Enterprise アカウントを設定すると、Visual Studio Subscription with GitHub Enterprise が割り当てられているサブスクライバーは、Visual Studio サブスクリプションがリンクされたことを通知する電子メールを GitHub から受け取ります。 電子メールを受信したサブスクライバーは、GitHub 組織の管理者に連絡して、適切な組織への招待を依頼できます。

Visual Studio Subscription with GitHub Enterprise の管理について詳しくは、こちらをご覧ください。 GitHub Enterprise の設定プロセスの詳細については、サブスクライバー向けドキュメントを参照してください。

サブスクリプションが割り当てられている個人には、Visual Studio チームから定期的に通知が届きます。これには、サブスクリプションが割り当てられていることを知らせるメールが含まれます。 これらのメールを、  Visual Studio サブスクリプション ポータルまたは VS IDE にサインインするときのものではない別のメール アドレスに送信する必要がある場合、サブスクライバーを追加するとき、または既存のサブスクライバーを編集するときに、通知メール アドレスを追加できます。

以前の契約からサブスクライバーをエクスポートし、[一括追加] ボタンを使用して新しい契約に追加することができます。

注: 新しいサブスクリプションが割り当てられると、サブスクライバーにメールが送信されます。 詳細については、サブスクライバーのエクスポート一括追加機能の使用に関するページを参照してください。 以前の契約に 200 を超えるサブスクライバーがいる場合は、Microsoft のサポート チームがサポートいたします[Account, Subscription, and Billing Support](アカウント、サブスクリプション、および課金のサポート) を選択し、国または地域を選択します。 お客様の所在地に応じて、電子メール、チャット、または電話でサポートを受けることができます。

契約のサブスクリプションの正しい数が表示されない場合は、ポータルで間違った契約を選択している可能性があります。 左上のドロップダウンをクリックして、使用可能なすべての契約を表示します。 まだサブスクリプションの数が間違って表示される場合は、サポート チームがサポートいたします。 [Account, Subscription, and Billing Support](アカウント、サブスクリプション、および課金のサポート) を選択し、国または地域を選択します。 お客様の所在地に応じて、電子メール、チャット、または電話でサポートを受けることができます。

サブスクリプションは常に、利用可能な最善の終了日を使用して割り当てられます。 たとえば、契約に終了日が 6/20/2020 の注文と、終了日が 6/20/2021 の別の注文がある場合、使用可能なこれら 2 つの終了日から最初のサブスクリプションに割り当てられる終了日は、6/20/2021 になります。 割り当て超過状態の信頼できる契約がある場合、終了日はサブスクリプションが割り当てられた日から 3 年後になります。

SLP および MPSA 契約は期限切れになりませんが、Microsoft のポータルでは現在、契約のプロビジョニング時に終了日が必要になります。 Microsoft では現在、SLP の下では、各注文に対し、20 年以上先の終了日を使用しています。 SLP 契約の下で日付の異なる複数の注文がある場合は、それぞれ終了日が異なります。

GitHub Enterprise は、Visual Studio サブスクリプションとは別に設定され、管理されます。 Visual Studio Subscription with GitHub Enterprise を購入すると、GitHub Enterprise アカウントの設定プロセスが、manage.visualstudio.com での契約と並行して (ただし、別に) 開始されます。 この GitHub Enterprise アカウントの確立には、時間がかかることがあります。
会社が GitHub Enterprise アカウントを設定すると、Visual Studio Subscription with GitHub Enterprise が割り当てられているサブスクライバーは、Visual Studio サブスクリプションがリンクされたことを通知する電子メールを GitHub から受け取ります。 電子メールを受信したサブスクライバーは、GitHub 組織の管理者に連絡して、適切な組織への招待を依頼できます。

Visual Studio Subscription with GitHub Enterprise の管理について詳しくは、こちらをご覧ください。 GitHub Enterprise の設定プロセスの詳細については、サブスクライバー向けドキュメントを参照してください。

https://manage.visualstudio.com/ にログインしていて、管理している契約が表示されない場合:

  1. ポータル ページ ヘッダーの右上隅にある正しいメール アドレスとテナントを使用してサインインしているかどうかを確認します。
  2. あなたを管理者として追加したスーパー管理者に連絡して、どの別名を使用すべきか、あなたが削除されていないか、契約の有効期限が切れていないかを確認してください。 これらの簡単な解決策で問題が解決されない場合は、サポートに連絡して、あなたが実際に契約上の管理者になっているかどうかを確認してください。

0 件の結果が見つかりました。

サブスクリプションはアクティブになっており、Visual Studio 管理者ポータル内から割り当てられるとすぐに使用できます。 お客様のサブスクライバーは、すぐに Visual Studio サブスクライバー ポータルまたは VS IDE にサインインすることができ、サブスクリプションが割り当てられていることを知らせるウェルカム メールを受け取ります。

Visual Studio サブスクリプションの特典」ページでは、サブスクリプションのレベルに基づいて、Visual Studio サブスクリプションに含まれる特典とソフトウェアのダウンロードの完全な一覧を確認し、比較することができます。

開発者に割り当てられたサブスクリプション レベルによって、アクセスできる Visual Studio IDE のレベルが特定されます。 たとえば、Visual Studio Professional サブスクリプションは Visual Studio Enterprise にはアクセスできません。 適切なレベルが割り当てられていることを確認してください。

最新リリースの場合

  1. サブスクライバーが https://my.visualstudio.com/benefits でサブスクリプション ポータルにサインインするようにします。
  2. [ツール] セクションで、Visual Studio IDE のタイルを見つけて、特典タイルの下部にある [ダウンロード] リンクをクリックします。
  3. Visual Studio で IDE をダウンロードするための [結果のダウンロード] ページにリダイレクトされます。
  4. ダウンロードと設定の手順に従ってください。
  5. サブスクリプションが割り当てられている電子メールを使用すると、インストール後すぐに IDE にサインインできるようになります。プロダクト キーは必要ありません。 オフライン環境で使用するプロダクト キーを要求する方法について説明します。

旧バージョンを検索する

サブスクライバーは、サブスクリプション ポータル (https://my.visualstudio.com) のダウンロード ページで、旧バージョンを検索してダウンロードすることもできます。

サブスクライバーがダウンロードした製品に応じて、サブスクリプションに関連付けられているメール アドレスを使用してログインすることでアクティブ化できます。または、サブスクライバーは Visual Studio サブスクライバー ポータルからプロダクト キーを要求することで、アクティブ化できます。

組織が Azure の Enterprise Agreement を結んでいる場合、開発者は 50 ドルから 150 ドルの間の Azure クレジット、または Dev/Test 価格の 50% 割引を選択できます。 同じサブスクリプションで両方を使用することはできません。 開発者に対して Dev/Test 価格オプションを有効にする方法の詳細については、「Helping Subscribers Get the Most out of Azure」 (サブスクライバーが Azure を最大限活用できるように支援する) のビデオをご覧ください。

0 件の結果が見つかりました。

Microsoft アカウント (MSA) とは、組織で Microsoft 365 または Azure Active Directory 用のマネージド テナントを使用していない場合に、Microsoft サービスにアクセスするために使用する個人所有の個人用メール アカウントです。 職場アカウントとは、発行元の組織が所有する、Microsoft 365 テナントまたは Azure Active Directory テナントのサービスにアクセスするアカウントです。 MSA と職場アカウントの違いについて詳しくは、MSA (Microsoft アカウント) と職場アカウント (Azure Active Directory または Microsoft 365) とそれが組織に与える影響については、 を参照してください。

代替アカウントを追加すると、開発者は、サブスクリプションが割り当てられているものとは異なる ID を利用して、Visual Studio サブスクリプションの特典の一部 (VS IDE、Azure DevOps、Azure) にアクセスすることができます。 サブスクリプションのコピーが他のアカウントに与えられるわけではなく、代替アカウントを利用して 2 つの特典にアクセスする機能のみが与えられます。 Visual Studio Subscription の ID の詳細を確認してください

0 件の結果が見つかりました。

Visual Studio サブスクリプションは、 ボリューム ライセンス、 Visual Studio MarketplaceMicrosoft Store など、さまざまなチャネルを通じて購入できます。

サブスクリプションのベネフィットと価格を比較 して、各 Visual Studio サブスクリプションのベネフィットを理解してください。 サブスクリプションのベネフィットのページは、適切なサブスクリプションを決定するために役立ちます。

Microsoft Store

Microsoft Store を介して入手できる小売版の Visual Studio サブスクリプションは次のとおりです。

これらの各サブスクリプションには、初回購入を行ったり、既存のサブスクリプションを更新したりするオプションが用意されています。 大幅な割引を反映した更新料金は、既存のサブスクリプションでのみ利用できます。 割引更新料金でサブスクリプションを更新する資格を得るには、有効期限が切れる前にサブスクリプションを更新する必要があります。

サブスクリプションを使用せずに Visual Studio の 1 回限りの購入を行う場合、またはサブスクリプションに含まれているベネフィットについては、Visual Studio Professional 2019 の Microsoft Store にアクセスしてください。

Visual Studio Marketplace

月単位のサブスクリプションでは、長期契約なしで Visual Studio と Azure DevOps をレンタルすることができます。 請求は Microsoft Azure サブスクリプションを通じて処理されます。 まだ Azure サブスクリプションをお持ちでなくても、最初に購入を行う際に、無料で設定してこれを行うことができます。

月単位の Visual Studio サブスクリプションの請求の詳細を確認してください

ボリューム ライセンス

ボリューム ライセンスのサブスクリプションは、組織で多数のサブスクリプションを購入する必要があるときのために用意されています。 ボリューム ライセンスの購入に関する詳細については、こちらを参照してください。

月間の Visual Studio サブスクリプション (および 2018 年 12 月より前に購入した場合は年間サブスクリプション) は、Azure から請求されます。請求書は Azure portal で確認できます。

Visual Studio サブスクリプションの請求書を表示するには:

  1. Azure portal にサインインします。
  2. メニューの [Cost Management + Billing] ブレードをクリックして、概要、サブスクリプションの一覧、および請求書を確認します。

Visual Studio サブスクリプションはいくつかの方法で取得でき、それらの取得方法によって、既存のサブスクリプションの更新プロセスが異なります。

リテール サブスクリプションを更新する方法

現在、リテール サブスクリプションをお持ちの場合は、次の 2 つの方法で更新できます。

クラウド サブスクリプションを更新する方法

クラウド サブスクリプションは、Visual Studio Marketplace から購入するものです。 月間および年間の両方のクラウド サブスクリプションは、お客様がキャンセルするまで更新されるため、それらを更新するために必要な操作はありません。

ボリューム ライセンスで購入したサブスクリプションを更新する方法

お客様のサブスクリプションが職場から提供されている場合は、会社のボリューム ライセンス契約を通じて購入および更新されることがあります。 サブスクリプション ポータルの右上にある [Contact my Admin](管理者に問い合わせる) ボタンを使用して、管理者に連絡することができます。

Visual Studio Marketplace から購入した月間および年間サブスクリプションをキャンセルするには、管理ポータルにサインインして、契約のサブスクリプションの数をゼロに設定する必要があります。

サブスクリプションの数を減らすには、次の手順に従います。

  1. https://manage.visualstudio.com にサインインします
  2. 複数の契約の管理者である場合は、ドロップダウン リストから目的の契約を選択します。
  3. 左上にある [概要] アイコンを選択して、サブスクリプションに関する情報を表示します。
  4. キャンセルするサブスクリプションのエントリを見つけて、 [数量の変更] を選択します。 これにより、購入数量を更新できる Visual Studio Marketplace が表示されます。
  5. 数量をゼロ (0) に設定します。 サブスクリプションは、予定請求日まではそのまま残りますが、請求日となったときに更新は行われません。

すべての Visual Studio サブスクリプションはユーザーごとにライセンスが付与されます。 ライセンス付与された各ユーザーは、任意の数のデバイスにプログラムをインストールして、ソフトウェアの設計、開発、テスト、デモに使用できます。 また、Visual Studio サブスクリプションのライセンスを付与されたユーザーは、自分のプログラムに関係する問題を診断するために、ソフトウェアを評価したり、顧客の環境をシミュレートしたりすることもできます。 この方法でソフトウェアを使用するその他の各ユーザーには、ライセンスも必要です。

詳細については、Microsoft Visual Studio のライセンスに関するホワイト ペーパーを参照してください。

0 件の結果が見つかりました。

サブスクリプションにアクセスするには、サブスクリプションが割り当てられているメール アドレスでサインインする必要があります。 ほとんどの場合、サブスクリプションは職場または学校によって割り当てられているため、サブスクライバー ポータルにサインインするには、職場または学校のメール アドレスと資格情報を使用する必要があります。

職場のメールまたは AAD 資格情報がわからない場合は、ネットワーク管理者に問い合わせる必要があります。 プライバシー上の理由から、Microsoft は資格情報に関する情報を提供できません。

お客様のサブスクリプションが職場または学校から提供されている場合は、契約時の管理者に連絡して、サポートを受けることができます。 サブスクリプション ポータルから直接、[Contact my admin](管理者に問い合わせる) フォームを使用することができます。 詳しくは、サブスクリプション管理者への問い合わせに関する記事をご覧ください。

サブスクリプションに関する情報は、サブスクライバー ポータルで確認できます。 接続して、サブスクリプションの一覧を表示し、有効期限やサポートの詳細などの情報を確認できます。 リテール サブスクリプションの場合は、そのページからサブスクリプションを更新することもできます。

Visual Studio Marketplace で購入したクラウド サブスクリプションは自動的に更新されるため、月単位または年単位でクラウド サブスクリプションを使用している場合、キャンセルするまでは期限切れになることを心配する必要はありません。

Visual Studio サブスクリプションに代替アカウントを追加すると、サブスクリプションが割り当てられているものとは異なる ID を利用して、Azure DevOps や Azure などのサブスクリプションの特典にアクセスできます。 以前は、この機能は、Visual Studio (VS) サブスクリプションが Microsoft アカウント (MSA) に割り当てられた場合にのみ利用できました。Azure Active Directory (Azure AD) でこの機能が職場や学校のアカウントにも使えるようになりました。

サブスクリプションのコピーが他のアカウントに与えられるわけではなく、代替アカウントを利用して 2 つの特典にアクセスする機能のみが与えられます。

すべてのサブスクリプションに対して "職場または学校のアカウント" を追加できます。これにより、ログインを必要とする特典 (VS IDE、Azure DevOps、Azure) と共にそのアカウントを使用できます。

代替 ID は簡単に追加できます。 https://my.visualstudio.com/subscriptions にアクセスして、[Add alternate account](代替アカウントの追加) をクリックし、メール アドレスを入力して [追加] をクリックします。 代替 ID の使用について詳しくは、代替 ID に関する記事をご覧ください。

0 件の結果が見つかりました。

使用可能なソフトウェア ダウンロードは、ご利用のサブスクリプションによって異なります。 複数のサブスクリプションをお持ちの場合は、最上位レベルのサブスクリプションのダウンロードがすべてのサブスクリプション内から表示されます。 これにより、サブスクリプションを切り替えることなく、必要なダウンロードを簡単に取得できるようになります。

サブスクリプション レベルで使用可能なダウンロードの一覧を確認してください。 ダウンロードの詳細については、次の記事を参照してください。

製品のライセンス認証は必ずしも必要ではありません。 場合によっては、1 つのキーを複数回使用できます。 一般的に、プロダクト キーが必要な場合は、インストール プロセス中または初回使用時に入力するように求められます。

プロダクト キーは、次の 2 つの場所で取得できます。

プロダクト キーの取得と使用の詳細については、次の記事を参照してください。

サブスクリプションの有効期限が切れた後にプロダクト キーにアクセスできるようにするには、サブスクリプションの有効期限が切れる前に、要求されたキーをエクスポートする必要があります。 有効期限が切れると、キーを取得できなくなります。

キーをエクスポートするには、[プロダクト キー] ページの右端にある [すべてのキーをエクスポート] リンクをクリックします。 KeysExport.xml という名前の .xml ファイルが作成され、ファイルを開くか保存するオプションが表示されます。 .Xml ファイルを処理できるアプリケーションでファイルを開く必要があります。 たとえば、Excel で読み取り専用のブックとしてファイルを開くことができます。 このファイルには、要求したすべてのキーに加えて、自動的に要求されたすべての'静的'キーが含まれています。

具体的に以前のリリースの Visual Studio 2019 を探している場合は、リリースのダウンロード リンクに加えて、Visual Studio 2019 リリースの記事に記載されている手順を参照してください。

Visual Studio 2017 などの以前のバージョンの Visual Studio が必要な場合は、「Visual Studio の古いダウンロード」を参照してください。

Visual Studio サブスクリプションで使用可能なプロダクト キーの一覧には、サブスクリプション ポータルの [プロダクト キー] タブ (https://my.visualstudio.com/productkeys) からアクセスできます。

Visual Studio に関するヘルプについては、https://docs.microsoft.com/visualstudio で Visual Studio IDE のドキュメントを確認してください。

0 件の結果が見つかりました。

利用可能な特典はサブスクリプション レベルによって異なり、変更される可能性があります。 各有料サブスクリプション レベルに含まれるベネフィットについて確認するには、https://visualstudio.microsoft.com/vs/benefits/ を参照してください。 関心があるサブスクリプションを選択して、さまざまなカテゴリ (ツール、Azure、ソフトウェアとダウンロード、サービス、トレーニング、サポート) の利用可能な特典をご確認いただけます。

特典の種類はさまざまです。 それらをアクティブにして使用する方法もさまざまです。 たとえば、多くの特典はパートナーによって提供されています。 アカウントの設定、ソフトウェアのインストール、オンライン リソースの使用の各プロセスは大きく異なります。

サブスクライバー ポータルで利用できる各特典について、それが含まれているサブスクリプションやその特典をアクティブにするための手順などの情報が用意されています。

詳細に関するドキュメントをご覧ください (左側のナビゲーション ペインで [サブスクリプション] をクリックして、[利点] を選択します)。

Visual Studio Subscription with GitHub Enterprise は、次の 2 つの部分に分かれて管理されます。 

  • Visual Studio サブスクリプション (Enterprise または Professional) 
  • GitHub Enterprise 

Visual Studio Subscription with GitHub が割り当てられると、Visual Studio サブスクリプション管理者によってサブスクリプションが割り当てられたことを知らせる電子メールが届きます。 その時点で、https://my.visualstudio.com/benefits で利用可能なサブスクリプションのベネフィットを確認できます。 これには、GitHub Enterprise のベネフィットが含まれます。

GitHub Enterprise は、Visual Studio サブスクリプションとは別に、GitHub 管理者によって管理されます。 会社で GitHub Enterprise アカウントを設定している場合は、Visual Studio サブスクリプションがリンクされていて、ベネフィット タイルが更新されることを通知する電子メールを GitHub から受け取ります。 このアカウントの設定は時間がかかる場合があり、設定プロセスを完了する会社に依存しています。 電子メールを受信したら、適切な GitHub 組織の管理者に連絡して、組織やリポジトリへの招待を依頼できます。

GitHub 組織の管理者から招待が送信されると、GitHub からメールが届き、ベネフィット タイルが再び更新されます。

GitHub 組織の招待を承諾すると、https://my.visualstudio.com/benefits でのベネフィット タイルの外観が "保留中" から "アクティブ化済み" に変わり、GitHub Enterprise の使用を開始できるようになります。

GitHub Enterprise の設定プロセスに関する情報を参照してください。

サブスクリプション レベルによって、アクセスできる Visual Studio IDE のレベルが特定されます。 たとえば、Visual Studio Professional サブスクリプションは Visual Studio Enterprise にはアクセスできません。 使用しているレベルがわからない場合は、ポータルのサブスクリプション ページを確認して、利用可能なサブスクリプションを確認してください。

ダウンロードしてアクティブ化する方法

  1. サブスクリプション ポータルにサインインします。 
  2. 最新リリースの場合は、[ツール] セクションで、Visual Studio IDE のタイルを見つけて、特典タイルの下部にある  [ダウンロード]   リンクをクリックします。
  3. Visual Studio の [結果のダウンロード] ページにリダイレクトされ、そこで IDE をダウンロードすることができます。
  4. ダウンロードと設定の手順に従ってください。
  5. サブスクリプションが割り当てられている電子メールを使用すると、インストール後すぐに IDE にサインインできるようになります。プロダクト キーは必要ありません。 オフラインで IDE を使用できるようにプロダクト キーを要求する方法について説明します。

旧バージョンを検索する

サブスクリプション ポータルの ダウンロード ページで、旧バージョンを検索してダウンロードすることもできます。

0 件の結果が見つかりました。

Visual Studio サブスクリプションは、 ボリューム ライセンス、 Visual Studio MarketplaceMicrosoft Store など、さまざまなチャネルを通じて購入できます。

サブスクリプションのベネフィットと価格を比較 して、各 Visual Studio サブスクリプションのベネフィットを理解してください。 サブスクリプションのベネフィットのページは、適切なサブスクリプションを決定するために役立ちます。

Microsoft Store

Microsoft Store を介して入手できる小売版の Visual Studio サブスクリプションは次のとおりです。

これらの各サブスクリプションには、初回購入を行ったり、既存のサブスクリプションを更新したりするオプションが用意されています。 大幅な割引を反映した更新料金は、既存のサブスクリプションでのみ利用できます。 割引更新料金でサブスクリプションを更新する資格を得るには、有効期限が切れる前にサブスクリプションを更新する必要があります。

Visual Studio Marketplace

月単位のサブスクリプションでは、長期契約なしで Visual Studio と Azure DevOps をレンタルすることができます。 請求は Microsoft Azure サブスクリプションを通じて処理されます。 まだ Azure サブスクリプションをお持ちでなくても、最初に購入を行う際に、無料で設定してこれを行うことができます。

月単位の Visual Studio サブスクリプションの請求の詳細を確認してください

ボリューム ライセンス

ボリューム ライセンスのサブスクリプションは、組織で多数のサブスクリプションを購入する必要があるときのために用意されています。 ボリューム ライセンスの購入に関する詳細については、こちらを参照してください。

Visual Studio サブスクリプションはいくつかの方法で取得でき、それらの取得方法によって、既存のサブスクリプションの更新プロセスが異なります。

リテール サブスクリプションを更新する方法

現在、リテール サブスクリプションをお持ちの場合は、次の 2 つの方法で更新できます。

[!Note] 更新料金を適用するには、有効期限の 30 日以内にサブスクリプションを更新する必要があります。

クラウド サブスクリプションを更新する方法

クラウド サブスクリプションは、Visual Studio Marketplace から購入するものです。 月間および年間の両方のクラウド サブスクリプションは、お客様がキャンセルするまで更新されるため、それらを更新するために必要な操作はありません。

ボリューム ライセンスで購入したサブスクリプションを更新する方法

お客様のサブスクリプションが職場から提供されている場合は、会社のボリューム ライセンス契約を通じて購入および更新されることがあります。 サブスクリプション ポータルの右上にある [Contact my Admin](管理者に問い合わせる) ボタンを使用して、管理者に連絡することができます。

すべての Visual Studio サブスクリプションはユーザーごとにライセンスが付与されます。 ライセンス付与された各ユーザーは、任意の数のデバイスにプログラムをインストールして、ソフトウェアの設計、開発、テスト、デモに使用できます。 また、Visual Studio サブスクリプションのライセンスを付与されたユーザーは、自分のプログラムに関係する問題を診断するために、ソフトウェアを評価したり、顧客の環境をシミュレートしたりすることもできます。 この方法でソフトウェアを使用するその他の各ユーザーには、ライセンスも必要です。

詳細については、Microsoft Visual Studio のライセンスに関するホワイト ペーパーを参照してください。

月間の Visual Studio サブスクリプション (および 2018 年 12 月より前に購入した場合は年間サブスクリプション) は、Azure から請求されます。請求書は Azure portal で確認できます。

Visual Studio サブスクリプションの請求書を表示するには:

  1. Azure portal にサインインします。
  2. メニューの [Cost Management + Billing] ブレードをクリックして、概要、サブスクリプションの一覧、および請求書を確認します。

Visual Studio Marketplace から購入した月間および年間サブスクリプションをキャンセルするには、管理ポータルにサインインして、契約のサブスクリプションの数をゼロに設定する必要があります。

サブスクリプションの数を減らすには、次の手順に従います。

  1. https://manage.visualstudio.com にサインインします
  2. 複数の契約の管理者である場合は、ドロップダウン リストから目的の契約を選択します。
  3. 左上にある [概要] アイコンを選択して、サブスクリプションに関する情報を表示します。
  4. キャンセルするサブスクリプションのエントリを見つけて、 [数量の変更] を選択します。 これにより、購入数量を更新できる Visual Studio Marketplace が表示されます。
  5. 数量をゼロ (0) に設定します。 サブスクリプションは、予定請求日まではそのまま残りますが、請求日となったときに更新は行われません。

0 件の結果が見つかりました。

月単位の Azure クレジットでは、さまざまな Azure サービスを無料で使ってみることができます。 たとえば、次のようになります。

  • 静的 Web サイトのホスト
  • Azure に ASP.NET サイトを発行する
  • コンテナー化された Web サイトをデプロイする
  • 仮想マシンに Web サイトをデプロイする
  • サーバーレス バックエンドを使用してデータとサービスを統合する
  • Python Web アプリをデプロイする

Azure クレジットの詳しい使用方法については、「Visual Studio サブスクライバー向けの月単位の Azure クレジット」を参照してください

これらのクレジットを使用するためのコストはかかりません。 Visual Studio サブスクリプションに含まれています。 その月に割り当てられているクレジットが不足している場合は、翌月にリセットされるまで使用を継続することはできません。

Azure クレジットの設定方法については、Azure クレジット記事の「'アクティブ化の手順'」セクションを参照してください。

Visual Studio サブスクライバー向けの月単位の Azure クレジットは、特に個人の開発とテストでの使用のみを目的としています。 運用ワークロードを実行するには、有料の Azure サブスクリプション (従量課金制の価格設定など) にアップグレードする必要があります。

クレジットをアクティブ化するには、Visual Studio サブスクリプションに関連付けられている電子メール、または代替アカウントを使用する必要があります (代替 ID の使用の詳細については、代替 ID に関する記事を参照してください)。

Visual Studio サブスクリプション特典を通じて作成された Azure サブスクリプションは、有料のサブスクリプションでは課せられない制限の影響を受ける場合があります。 VM や Azure サービスの作成に特定の地域が使用できない場合や、特定のサービスの種類が使用できない場合があります。 有料サブスクリプションよりも既定のクォータが低い場合があります。

クレジットのプールは利用できません。 この特典は、Visual Studio サブスクライバーが個人的に使用することを目的としています。

Visual Studio サブスクライバー向けの月々の Azure クレジットは、開発およびテスト目的に限られ、利用料金に基づく SLA を履行するものではありません。 Microsoft は、120 時間以上継続して実行されているか、または運用環境で使用されていると判断されたすべてのインスタンス (VM またはクラウド サービス) を中断する権利を留保します。 この容量は、ベスト エフォート ベースで Visual Studio サブスクライバーが利用できるようにしているもので、容量の保証はありません。

月単位のクレジットは、次のサービスの購入には適用されません。

  • サポート プラン
  • Application Insights
  • Visual Studio サブスクリプション
  • Azure DevOps
  • Visual Studio アプリ センター
  • サードパーティ製の製品
  • Visual Studio Marketplace を通じて販売された製品
  • Azure とは別に販売された製品 (Azure Active Directory Premium など)

これらのサービスを購入するには、使用制限を削除し、課金用のクレジット カードを指定する必要があります。

Azure クレジットの機能の詳細については、Visual Studio サブスクライバー向けの月単位の Azure クレジットに関するページをご覧ください。

0 件の結果が見つかりました。

目的の内容が見つかりませんか? お問い合わせください。

サポートが必要なお客様について、予想される応答時間よりも長い時間がかかっていることにご注意ください。 お待ちいただき、ありがとうございます。すべての問い合わせを可能な限り迅速に処理できるようにいたします。

フィードバック