Visual Studio 2022 | Visual Studio2022-09-08T14:05:03-07:00

コードをより高速に作業をよりスマートに

Visual Studio 2022 を使用して未来を創る

あなたのアイデアを実現するには、最高のツールが必要です

高い生産性

64 ビット IDE を使用して、あらゆるサイズと複雑さのプロジェクトで機能するようにスケーリングします。 ファイル間でリファクタリングできる新しい Razor エディターを使用してコードを作成します。 非同期操作と自動アナライザーの視覚化に関する問題を診断します。

Modern

モダン

.NET MAUI を使用してクロスプラットフォームのモバイル アプリとデスクトップ アプリを開発します。 C# と Blazor を使用して、応答性の高い Web UI をビルドします。 Linux 環境で .NET および C++ アプリをビルド、デバッグ、テストします。 .NET アプリと C++ アプリ間でホット リロード機能を使用します。 実行中の ASP.NET ページを Web デザイナー ビューで編集します。

革新的

AI を利用したコード補完。 共有コーディング セッションを使用して、リアルタイムで共同作業を行います。 リポジトリのクローン、作業項目の移動、コミットのための個々の行のステージングを行います。 Azure にデプロイできる CI/CD ワークフローを自動的に設定します。

パブリック プレビュー

クラウドでのコーディング

Microsoft Dev Box を使用してワークステーションをクラウドに移動する

Microsoft Dev Box を使用して、どこからでも任意のデバイスでコーディングを行えます。 自分のプロジェクト用に事前に構成された、セルフサービスで高パフォーマンスの開発ボックスを使用してセットアップを効率化し、自分の好みや作業スタイルで開発ボックスをカスタマイズします。 自分や組織を危険にさらさずに、どのデバイスでもリモートに作業できます。

あらゆるプロジェクトにスケーリング

Visual Studio 2022 は、優れた機能を備えた最新の Visual Studio です。 当社初の 64 ビット IDE により、さらに大規模なプロジェクトや複雑なワークロードにも対応できるようになりました。 コードの入力やブランチの切り替えなど、毎日行う操作は、よりスムーズになり、応答性が向上します。 メモリ不足エラーはどうなりますか? それらは遠い記憶になろうとしています。

コード エディター内

より少ない入力で、より多くのコードを

IntelliCode は、コード コンテキスト (変数名、関数、作成中のコードの種類) を理解する強力な自動コード補完ツールのセットです。 これにより、IntelliCode は一度に行全体を補完できるようになるため、より正確に、自信を持ってコーディングできるようになります。

コードに関する深い分析情報

CodeLens は、どのような変更が加えられたか、それらの変更の影響、メソッドで単体テストを実行したかどうかなど、重要な分析情報を簡単に見つけるのに役立ちます。 重要な情報 (参照、作成者、テスト、コミット履歴など) によって、作業に関する最良かつ多くの情報に基づいた決定を行うことができます。

共有するのは画面だけでない

Live Share のリアルタイム コラボレーション セッションによって、言語やプラットフォームに関係なく、チームの編集とデバッグのサイクルが高速化します。 アクセス制御とカスタム エディター設定を使用してパーソナル設定されたセッションを使用すると、すべてのユーザーがコード整合性を維持できます。

発送の準備をしています

問題が発生する前に問題を防止する

統合デバッグは、すべての Visual Studio 製品のコア部分です。 コードをステップ実行して変数に格納されている値を確認したり、変数にウォッチを設定して値がいつ変化するかを確認したり、コードの実行パスを調べたり、他に内部でチェックする必要があるものは何でも確認できます。

即時に発生する影響

テストしているコードの量を分析し、効率化のために最適化されたテスト スイートですぐに結果を確認します。 変更するたびにその影響がわかり、コード入力を進めながら高度な機能でコードをテストできます。 WSL 統合を使用すると、Windows と Linux の両方でテストして、アプリがどこでも実行されることを確認できます。

シームレスなクラウド統合

Visual Studio 2022 を最大限に活用する

Azure デプロイ

クラウドへのデプロイがさらに簡単になります。 一般的なアプリケーションの種類とローカル エミュレーターに必要なすべてのテンプレートを提供します。 また、Visual Studio を引き続き使用して、Azure SQL データベースや Azure Storage アカウントなどの依存関係をプロビジョニングできます。 アプリケーションに直接接続されているリモート デバッガーを使用して、問題をすばやく診断することもできます。
screenshot for Integrated version control

統合されたバージョン コントロール

Visual Studio 2022 には、独自のリポジトリをクローン、作成、オープンするための Git バージョン コントロールのサポートが組み込まれています。 Git ツール ウィンドウには、コードの変更のコミットとプッシュ、ブランチの管理、マージの競合の解決に必要なすべてのものが含まれています。 GitHub アカウントをお持ちの場合は、Visual Studio 内でこれらのリポジトリを直接管理できます。

フィードバック