Skip to content
スキップしてメイン コンテンツへ
Visual Studio
//Visual Studio IntelliCode | Visual Studio
Visual Studio IntelliCode | Visual Studio2019-11-04T05:45:40-08:00

Visual Studio IntelliCode

AI 支援付き開発

新規登録および更新プログラムの登録

Ignite 2019 で未来を垣間見る

今後の内容を見る

Ignite 2019 screenshot Ignite 2019 screenshot animation

支援付き IntelliSense – C#

IntelliCode は、使用する可能性が高いものを入力候補一覧の最上位に配置することによって時間を節約できます。 IntelliCode の推奨は、星の獲得数が 100 を上回る、GitHub 上の何千ものオープンソース プロジェクトに基づいています。 コードのコンテキストを結合すると、入力候補一覧が調整されて共通のプラクティスのレベルが上がります。

IntelliCode はステートメント入力候補に限定されていません。 シグネチャ ヘルプも、コンテキストに合わせて最も可能性が高いオーバーロードを推奨します。

チームの完了 (プレビュー – C#)

IntelliCode は、お使いのコードに基づいてレコメンデーションを提供し、それをご自身のチーム全体でシームレスに共有できます。 このプレビュー機能では、チーム モデルをビルドし、独自のユーティリティ クラスのメソッドやドメイン固有のライブラリ呼び出しなど、オープンソース ドメインにないコードに関するレコメンデーションを提供できます。 ビルド タスクをパイプラインに統合して、チームの完了を、リポジトリの変更に合わせて最新に保ちます。

引数入力候補 (プレビュー)

ステートメント入力候補のシグネチャ ヘルプに加えて、IntelliCode で引数の候補が提示されるため、適切な引数をすばやく選べます。

コード スタイルと書式の規則の推測 (プレビュー)

Visual Studio IntelliCode を使用すると、簡単にコードの一貫性を維持できます。コーディング スタイルとフォーマットを定義したご使用のコードベースに基づいて .editorconfig ファイルが動的に作成されます。

注: すべてのプレビュー機能は既定でオフになっており、[ツール] > [オプション] > [IntelliCode] ページで有効にできます。

Visual Studio 2019 バージョン 16.1 で C#、C++、TypeScipt/JavaScript または XAML をサポートするワークロードでは、この機能は既定でインストールされます

支援付き IntelliSense – C++

IntelliCode では、使用する可能性が高いものが入力候補一覧の最上位に配置されるため、時間を節約できます。 IntelliCode の推奨は、星の獲得数が 100 を上回る、GitHub 上の何千ものオープンソース プロジェクトに基づいています。 コードのコンテキストを結合すると、入力候補一覧が調整されて共通のプラクティスのレベルが上がります。

C++ を記述している場合、STL のような一般的なライブラリを使用するときに IntelliCode からの支援が得られます。 最も有用な推奨が最初に提示されるよう、コードのコンテキストが使用されます。 たとえば、while ループ内で std::string を使用している場合、substr メソッドが先頭に現れます。

チームの入力候補 (プレビュー – C++)

IntelliCode は、お使いのコードに基づいてレコメンデーションを提供し、それをご自身のチーム全体でシームレスに共有できます。 このプレビュー機能では、入力候補用のチーム モデルを構築し、独自のユーティリティ クラスのメソッドやドメイン固有のライブラリ呼び出しなど、オープンソース ドメインにないコードに関するおすすめ候補を提供できます。 チーム モデルで自動取得を有効にすると、そのリポジトリで作業している他のメンバーとチーム モデルをシームレスに共有することもできます。

注: チーム モデルは既定ではオフになっており、[ツール] > [オプション] > [入力候補の C++ チーム モデル]の順に選択して有効にします。

Visual Studio 2019 バージョン 16.1 で C#、C++、TypeScipt/JavaScript または XAML をサポートするワークロードでは、この機能は既定でインストールされます。

支援付き IntelliSense – Java

IntelliCode は、使用する可能性が高いものを入力候補一覧の最上位に配置することによって時間を節約できます。 IntelliCode の推奨は、星の獲得数が 100 を上回る、GitHub 上の何千ものオープンソース プロジェクトに基づいています。 コードのコンテキストを結合すると、入力候補一覧が調整されて共通のプラクティスのレベルが上がります。

IntelliCode は Java SE や Spring などの一般的な Java ライブラリやフレームワークで相性よく機能します。 モノリシックな Web アプリを扱っているか、最新のマイクロサービスを扱っているかに関わらず、お役立ていただけます。

この機能は、Visual Studio Code October 2018 Release 1.29 拡張機能としてご利用いただけます。

支援付き IntelliSense – Python

IntelliCode は、使用する可能性が高いものを入力候補一覧の最上位に配置することによって時間を節約できます。 IntelliCode の推奨は、星の獲得数が 100 を上回る、GitHub 上の何千ものオープンソース プロジェクトに基づいています。 コードのコンテキストを結合すると、入力候補一覧が調整されて共通のプラクティスのレベルが上がります。

IntelliCode によって、さまざまな Python パッケージの生産性が向上します。たとえば、os や sys モジュールを使用したシンプルなスクリプトの作成や、Django や Flask を使用した Web サイトの構築、numpy や tensorflow などのデータ サイエンス モジュールの処理などです。

この機能は、Visual Studio Code October 2018 Release 1.29 拡張機能としてご利用いただけます。

支援付き IntelliSense – SQL Server

IntelliCode は、使用する可能性が高いものを入力候補一覧の最上位に配置することによって時間を節約できます。 IntelliCode の推奨は、星の獲得数が 100 を上回る、GitHub 上の何千ものオープンソース プロジェクトに基づいています。 コードのコンテキストを結合すると、入力候補一覧が調整されて共通のプラクティスのレベルが上がります。

IntelliCode では、クエリの構成に応じてスマート候補が提供され、入力中、それらの候補が IntelliSense の最上部に配置されます。これにより IntelliCode は T-SQL クエリと適切に連携します。

この機能は、Visual Studio Code 向け MSSQL 拡張機能 (1.7.0) と共にインストールされているときは、SQL Server に対してシームレスに動作します。

支援付き IntelliSense – TypeScript/JavaScript

IntelliCode は、使用する可能性が高いものを入力候補一覧の最上位に配置することによって時間を節約できます。 IntelliCode の推奨は、星の獲得数が 100 を上回る、GitHub 上の何千ものオープンソース プロジェクトに基づいています。 コードのコンテキストを結合すると、入力候補一覧が調整されて共通のプラクティスのレベルが上がります。

React、Angular、Vue などのフレームワークを使用してクライアント側のコードを作成する場合でも、Node.js を使用してサーバー側の開発を行う場合も、さまざまな JavaScript ライブラリで IntelliCode からの支援が得られます。

注: このプログラミング言語は Visual Studio でプレビュー段階であり、既定ではオフになっています。 有効にするには、[ツール] > [オプション] > [IntelliCode] ページに移動します。

Visual Studio 2019 バージョン 16.1 で C#、C++、TypeScipt/JavaScript または XAML をサポートするワークロードでは、この機能は既定でインストールされ、Visual Studio Code の 2018 年 10 月のリリース、1.29 拡張機能として利用できます。

支援付き IntelliSense – XAML

IntelliCode は、使用する可能性が高いものを入力候補一覧の最上位に配置することによって時間を節約できます。 IntelliCode の推奨は、星の獲得数が 100 を上回る、GitHub 上の何千ものオープンソース プロジェクトに基づいています。 コードのコンテキストを結合すると、入力候補一覧が調整されて共通のプラクティスのレベルが上がります。

コントロールとプロパティの推奨

XAML の入力時に、IntelliCode はそのコンテキストで最も使用する可能性が高いコントロールを推奨します。 さらに、コントロールのコンテキスト内で、使用する可能性の高いプロパティを、使用すると思われる順番で推奨します。

Visual Studio 2019 バージョン 16.1 で C#、C++、TypeScipt/JavaScript または XAML をサポートするワークロードでは、この機能は既定でインストールされます。

プレビュー

リファクタリング

IntelliCode を使用すると、コード リファクタリングが必要な箇所を見失うことがなくなります。 実行した編集をローカルで追跡し、いつ反復的な操作を実行したかを検出し、操作が必要な別の箇所にも同じ操作を適用することができます。 たとえば、リファクタリング中に、そのリファクタリングを適用するべき箇所を見失った場合、そのような箇所を見つけて修正できるよう支援します。

IntelliCode は、コードのセマンティック構造を認識します。 このセマンティック認識により、リファクタリングで変数名が変わっているが、変更の基本構造は同じであるようなケースが検出されます。

提案されたリファクタリングが気に入らない場合は、電球のオプションで無視を選択すると、ユーザーがパターンを再作成しない限り、検出されたパターンがユーザーに提案されることはなくなります。

作業で役立つその他の点

IntelliCode を使用すると、より大きな注意を払うべきファイルが示されるため、レビュー時間を効率的に使うことができます。

Visual Studio IntelliCode を使えば、コード レビューがもっと効率的になります。チャーン、複雑さ、履歴などの要素に基づいてさらに注意が必要な変更が強調表示されます。

今すぐ参加しましょう

IntelliCode にはさらに多くの機能を 追加中で、Microsoft 独自のコードベースで結果を確認しているところです。 今後、フィードバックをお寄せいただき、この取り組みにぜひご参加ください。

サインアップし、最新の開発に関する更新を取得したり、今後のプライベート プレビューへの早期招待を受けたりしてください。 Visual Studio 2019 バージョン 16.1、または Visual Studio 2017 バージョン 15.8 以上か Visual Studio Code の拡張機能をダウンロードして、新しい IntelliSense のエクスペリエンスをお試しになり、フィードバックをお寄せください

IntelliCode for Visual Studio 2017 にご関心がおありですか?

Feedback