メイン コンテンツへスキップ
Visual Studio
GitHub Copilot を使用したVisual Studio – AI ペア プログラミング2024-07-01T11:25:31-07:00

GitHub Copilot が組み込まれた最新の Visual Studio 2022

AI アシスタンス プログラマーがシームレスに統合され、重要なコードにより多くの時間を費やせるようになりました。

3 つの手順だけで開始する

GitHub Copilot installation screenshot

Visual Studio 2022 の最新バージョンをインストールする

GitHub Copilot の最新のエクスペリエンスは Visual Studio に統合されており、GitHub Copilot のコード補完と GitHub Copilot Chat の機能は、1 つの便利なパッケージに結合されています。 最新の Visual Studio 2022 をダウンロードして、新機能と改善点を確認してください。

GitHub Copilot installation screenshot

無料試用版にサインアップする

GitHub Copilot は、GitHub で人気のオープンソース プロジェクトの認証済み学習者および保守管理者向けに、無料で提供されています。 普及しているオープンソース プロジェクトの学習者または保守管理者でない場合は、30 日間の 1 回限りの試用版で GitHub Copilot を無料で試すことができます。

Github Copilot sign in screenshot

GitHub アカウントでサインインする

GitHub Copilot を有効にするには、GitHub アカウントが Visual Studio に追加されていることを確認します。 詳細については、Microsoft ドキュメントの「Visual Studioでの GitHub アカウントの操作」を参照してください。

5 つのヒントとテクニック

01
ベスト プラクティス

GitHub Copilot は人工知能 (AI) を搭載したコーディング アシスタントであり、さまざまな環境での実行が可能で、日常的なコーディング タスクの効率を高めることができます。 この新しいコンテンツ シリーズでは、GitHub Copilot が特に Visual Studioでどのように動作するのか、および生産性の向上にどのように役立つのかを説明していきます。

02
プロのようにプロンプトを作る

いかなる大規模言語モデルにおいても、出力の品質はプロンプトの品質に大きく依存します。GitHub Copilot も例外でありません。 この新しい動画では、 Visual Studio 2022 の GitHub Copilot での “プロンプト エンジニアリング” と、より良いプロンプトでより良い結果を作成する方法について、Gwyn が説明します。

03
コード補完

エディターで記述を開始すると、入力に合わせ Copilot がコードを提案します。
ヒント: “tab” キーを押して提案を受け入れます。

04
インライン チャット

インライン チャットを使用すると、プロンプトをコードに変換することで、メソッド、クラス、単体テストを便利に記述できます。 テキスト ファイルを右クリックし、[Ask Copilot] を選択するか、Alt + /’ キーを押してインラインで開きます
ヒント: “/” を使用して意図を表すか、”#” を使用してファイルを参照します。 つまり、”/test for #filename” のようにします

05
チャット ウィンドウ

ソリューションまたはファイルについて質問してください。  Copilot バッジから開くか、Ctrl + /、C キーを押します。
ヒント: Visual Studio でアクティブなソリューションを参照するには、 #solution を使用します (C# の場合のみ)

単独飛行はやめましょう

世界中の開発者は GitHub Copilot を使用することでより迅速にコーディングし、定型的な方法よりもビジネス ロジックに集中し、最も重要な作業 (優れたソフトウェアの構築) を行うことができます。

Copilot Individual

より速く、より快適なコーディングを望む個々の開発者、フリーランサー、学生、教育者向けです。

$10米国ドル1 か月あたり / 年間 $100 USD

無料試用版を開始する
一般的なオープン ソース プロジェクトにおいて検証済みの学生、教師、保守管理者は無料です。
含まれているもの

チャット

  • 無制限のメッセージ、対話式操作、履歴
  • コンテキスト対応のコーディングのサポートと説明
  • デバッグとセキュリティ修復の支援
  • 組織のリポジトリに合わせて調整された会話
  • 組織のナレッジ ベースに基づく回答
  • 上位のオープン ソース リポジトリからのナレッジへのアクセス
  • Pull request 差分分析
  • Web Search powered by Bing (ベータ版)

コード補完

  • リアルタイムのコード候補
  • コードへのコメント
  • 微調整されたモデル (アドオンとして近日公開予定)

スマート アクション

  • インライン チャットとプロンプトの候補
  • スラッシュ コマンドとコンテキスト変数
  • メッセージ生成のコミット
  • Pull request の説明と要約

サポートされている環境

  • IDE、CLI、および GitHub Mobile
  • GitHub.com

管理とポリシー

  • パブリック コード フィルター
  • ユーザー管理と SSO
  • 既定でトレーニングから除外されるデータ
  • IP の補償
  • コンテンツの除外
  • SAML SSO 認証1
  • GitHub Enterprise クラウドが必要です

最も人気

Copilot Business

エンジニアリングのベロシティ、コード品質、開発者エクスペリエンスを向上させる準備ができている組織向けです。

$19米国ドルユーザーあたり / 月

含まれているもの

チャット

  • 無制限のメッセージ、対話式操作、履歴
  • コンテキスト対応のコーディングのサポートと説明
  • デバッグとセキュリティ修復の支援
  • 組織のリポジトリに合わせて調整された会話
  • 組織のナレッジ ベースに基づく回答
  • 上位のオープン ソース リポジトリからのナレッジへのアクセス
  • Pull request 差分分析
  • Web Search powered by Bing (ベータ版)

コード補完

  • リアルタイムのコード候補
  • コードへのコメント
  • 微調整されたモデル (アドオンとして近日公開予定)

スマート アクション

  • インライン チャットとプロンプトの候補
  • スラッシュ コマンドとコンテキスト変数
  • メッセージ生成のコミット
  • Pull request の説明と要約

サポートされている環境

  • IDE、CLI、および GitHub Mobile
  • GitHub.com

管理とポリシー

  • パブリック コード フィルター
  • ユーザー管理と SSO
  • 既定でトレーニングから除外されるデータ
  • IP の補償
  • コンテンツの除外
  • SAML SSO 認証1
  • GitHub Enterprise クラウドが必要です

新規

Copilot Enterprise

GitHub Copilot を組織にカスタマイズし、開発者ワークフロー全体に AI を組み込もうとしている企業向けです。

$39米国ドルユーザーあたり / 月

含まれているもの

チャット

  • 無制限のメッセージ、対話式操作、履歴
  • コンテキスト対応のコーディングのサポートと説明
  • デバッグとセキュリティ修復の支援
  • 組織のリポジトリに合わせて調整された会話
  • 組織のナレッジ ベースに基づく回答
  • 上位のオープン ソース リポジトリからのナレッジへのアクセス
  • Pull request 差分分析
  • Web Search powered by Bing (ベータ版)

コード補完

  • リアルタイムのコード候補
  • コードへのコメント
  • 微調整されたモデル (アドオンとして近日公開予定)

スマート アクション

  • インライン チャットとプロンプトの候補
  • スラッシュ コマンドとコンテキスト変数
  • メッセージ生成のコミット
  • Pull request の説明と要約

サポートされている環境

  • IDE、CLI、および GitHub Mobile
  • GitHub.com

管理とポリシー

  • パブリック コード フィルター
  • ユーザー管理と SSO
  • 既定でトレーニングから除外されるデータ
  • IP の補償
  • コンテンツの除外
  • SAML SSO 認証1
  • GitHub Enterprise クラウドが必要です

1: GitHub Enterprise Cloud を使用する組織で使用できる SAML シングル サインオン (SSO) による認証

GitHub Copilot のご契約条件についてご確認ください。

FAQ

Visual Studio 2022 バージョン 17.10 以降

  1. 最新バージョンの Visual Studio 2022 をダウンロードします。 インストーラーで少なくとも 1 つのワークロードを選択します。 GitHub Copilot が選択した事前選択済みコンポーネントは選択したままにしてください。 または、ワークロードが選択されていない場合、インストーラーで個々のコンポーネントから GitHub Copilot を選択してインストールします。
  2. 個人アカウントの GitHub Copilot サブスクリプションを設定するか、GitHub Copilot サブスクリプションを使用している組織またはエンタープライズのメンバーである場合は、組織の所有者からシートを割り当ててもらう必要があります。 個人アカウントの有料サブスクリプションを開始する前に、30 日間の 1 回限りの試用版を設定して GitHub Copilot を評価できます。 試用版を開始するには、月単位または年単位の請求期間を選択し、支払い方法を指定する必要があります。 30 日以内に試用版を取り消さない場合、試用版は自動的に有料サブスクリプションに変換されます。GitHub Copilot 試用版は、30 日間いつでもキャンセルでき、お支払いは発生しません。 試用期間が終了する前に取り消しても、30 日間の試用期間が終了するまでは GitHub Copilot に引き続きアクセスできます。 詳細については、「GitHub Copilot の個々のサブスクリプションの管理」をご覧ください。
  3. GitHub Copilot サブスクリプションを使用している GitHub アカウントで Visual Studio にサインインします。 「Visual Studio キーチェーンに GitHub アカウントを追加する」の手順に従ってください。

詳細については、learn.microsoft.com の「Visual Studi での GitHub Copilot のインストールと管理」のドキュメント ページを参照してください。

Visual Studio 2022 バージョン 17.10 以降では、GitHub Copilot と GitHub Copilot チャットを、Copilot と Copilot チャットの両方を 1 つのパッケージに統合する 1 つの拡張機能としてインストールできます。 統合 GitHub Copilot 拡張機能は、既定ですべてのワークロードに組み込みの推奨コンポーネントとして含まれており、Visual Studio インストーラーを介して利用できます。

新しい統合 GitHub Copilot 拡張機能を取得するには:

  • Visual Studio 2022 バージョン 17.10 以降をインストールします。
  • インストーラーで少なくとも 1 つのワークロードを選択します。 GitHub Copilot が選択した事前選択済みコンポーネントは選択したままにしてください。 または、ワークロードが選択されていない場合、インストーラーで個々のコンポーネントから GitHub Copilot を選択してインストールします。

GitHub Copilot は、既定ですべてのワークロードを使用してインストールされます。 除外することを選択する場合、Visual Studio インストーラーを使用してインストールを変更し、GitHub Copilot コンポーネントを選択することで、後でインストールできます。

詳細については、learn.microsoft.com の「Visual Studi インストールでの GitHub Copilot」のドキュメント ページを参照してください。

Visual Studio 2022 バージョン 17.10 以降では、Copilot がアクティブか、非アクティブか、利用できないか、またはインストールされていないことを示す Copilot 状態アイコンが Visual Studio 環境の右上隅に表示されます。 状態アイコンのドロップダウン メニューを使用すると、Copilot の状態の管理やトラブルシューティングに役立つオプションに簡単にアクセスできます。 一部のオプションは、Copilot の状態に応じて使用できる場合や灰色表示になっている場合があります。

詳細については、「Copilot の状態の管理」をご覧ください。

Visual Studio 2022 バージョン 17.9 以前

Visual Studio 2022 バージョン 17.8 から 17.9 では、GitHub Copilot と GitHub Copilot チャットを 2 つの別個の拡張機能としてインストールできます。 GitHub Copilot 拡張機能をインストールすることが、GitHub Copilot チャットをインストールする前提条件の 1つ です。

Visual Studio 2022 バージョン 17.8 から 17.9 の GitHub Copilot を入手する」の手順に従います。

GitHub Copilot を有効にするには、GitHub アカウントが Visual Studio に追加されていることを確認します。 詳細については、「Visual Studio キーチェーンに GitHub アカウントを追加する」をご覧ください。
GitHub Copilot チャットに次を含む詳細情報を提供することで、より良い回答を得ることができます。

  • スラッシュ コマンドを使用して、 /explain  などの一般的なタスクをすばやく指定し、コードの説明を取得します。
  • 参照を使用してチャットを特定のファイル範囲に設定します。
  • 回答を生成するために Copilot によって 使用されるソース を確認してください。
  • Copilot チャットごとに異なる スレッド を使用して、それぞれ異なるコンテキストを維持できるようにします。

詳細については、Visual Studio で Copilot チャットを使用する方法をご覧ください。

詳細については、「GitHub Copilot に関する一般的な問題のトラブルシューティング」をご覧ください。

GitHub のディスカッション フォーラムを通じて、GitHub Copilot に関する会話を追跡することもできます。

いいえ、GitHub Copilot は別のサブスクリプションであり、Visual Studio Professional ライセンスまたは Enterprise ライセンスには含まれていません。

詳細については、GitHub Copilot の課金に関する詳細情報を参照してください。

GitHub Copilot は、開発者エクスペリエンスを変革します。 AI のリーダーによる支援を受けている Copilot は、IDE でのコード補完とチャット アシスタンスから、コードの説明、GitHub 内のドキュメントに対すると回答までのソフトウェア開発ライフサイクル全体を通じてコンテキストに応じた支援を提供します。 Copilot がワークフローを昇格すると、開発者は価値、革新、幸福により焦点を当てることができるようになります。

GitHub Copilot を使用すると、開発者は、問題解決と共同作業により多くのエネルギーを集中し、ありふれた作業や定型的な作業に対する労力を減らすことができます。 このため、Copilot を使用する開発者は、Copilot を使用しない開発者よりも、仕事に対する満足度が高いことが報告されており、品質を損なうことなくコードを記述する際の生産性が 55% 高くなっています。これらはすべて、従事している開発者が優れたソフトウェアをより短時間で出荷できることにつながります。 品質を犠牲にすることなく、すべてが組み合わさることで、従事している開発者が優れたソフトウェアをより迅速に出荷できるようになります。

GitHub Copilot は、Visual Studio Code、Visual Studio、JetBrains IDE、Hubvim などの主要なエディターと統合されており、その他の AI コーディング アシスタントとは異なり、GitHub にネイティブに組み込まれています。 利用者が何百万人もの個人ユーザーや数万人ものビジネス顧客にまで成長している Copilot は、世界で最も広く採用されている AI 開発者ツールであり、競争心の強い優れた開発者から名指しで求められています。

GitHub Copilot の一般的な使用、製品への影響、人間、監視、プライバシーの詳細については、 GitHub Copilot に関する FAQ の包括的なリストを参照してください。

GitHub Copilot は、パブリック リポジトリに表示されるすべての言語でトレーニングされています。 言語ごとに、受け取る提案の品質は、その言語のトレーニング データの量と多様性によって異なる場合があります。 たとえば、JavaScript はパブリック リポジトリで適切に表現される、GitHub Copilot で最もサポートされている言語の 1 つです。 パブリック リポジトリ内の表現が少ない言語では、提案の数が少なくなるか、信頼性が低くなる可能性があります。

GitHub Copilot の一般的な使用、製品への影響、人間、監視、プライバシーの詳細については、 GitHub Copilot に関する FAQ の包括的なリストを参照してください。

GitHub Copilot は、GitHub、OpenAI、Microsoft によって開発された生成 AI モデルを利用しています。 これは、GitHub 上のパブリック リポジトリのコードを含む、一般に利用可能なソースからの自然言語テキストとソース コードでトレーニングされています。

GitHub Copilot の一般的な使用、製品への影響、人間、監視、プライバシーの詳細については、 GitHub Copilot に関する FAQ の包括的なリストを参照してください。

いいえ、GitHub Copilot は確率的決定を使用して提案を生成します。

知的財産権とオープン ソースの問題について考える場合、GitHub Copilot の実際の動作を理解することが重要です。 Copilot の提案を作成する AI モデルは、パブリック コードでトレーニングされる可能性がありますが、コードは含まれていません。 提案を生成する場合、どのコードベースからも “コピーと貼り付け” は行われません。

  • コード提案を生成するために、Copilot 拡張機能は最初に、カーソルの直前と直後の行に焦点を当てながら、エディター内のコードを調べますが、エディターで開いているその他のファイルや、関連するコンテキストを識別するためのリポジトリまたはファイル パスの URL も調べます。 この情報は、次に何がくる可能性が高いかに関する確率的決定を行ない、提案を生成するために、Copilot のモデルに送信されます。
  • コード エディターでチャット用の提案を生成するために、Copilot 拡張機能は、作業中のドキュメントで開いているコード ファイル、ユーザーによるコードの選択、フレームワーク、言語、依存関係などの一般的なワークスペース情報を含む追加のコンテキストとユーザーのプロンプトを組み合わせることで、コンテキスト プロンプトを作成します。 この情報は、次に何がくる可能性が高いかに関する確率的決定を行ない、提案を生成するために、Copilot のモデルに送信されます。
  • チャット プロンプトからの質問に対する回答を提供するなど、GitHub.com でのチャットの提案を生成するために、Copilot は、以前のプロンプトを含む追加のコンテキスト、GitHub.com 上で開いているページ、コードベースまたは Bing 検索から取得したコンテキスとプロンプトを組み合わせることで、コンテキスト プロンプトを作成します。 この情報は、次に何がくる可能性が高いかに関する確率的決定を行ない、提案を生成するために、Copilot のモデルに送信されます。

GitHub Copilot の一般的な使用、製品への影響、人間、監視、プライバシーの詳細については、 GitHub Copilot に関する FAQ の包括的なリストを参照してください。

GitHub Copilot は、Copilot のアクセス方法と使用方法に基づいて個人データを処理します。具体的には、github.com、モバイル アプリ、拡張機能、またはさまざまな IDE 拡張機能のいずれかを介した方法、コマンド ライン インターフェイス (CLI) の候補、IDE コードの入力候補、または GitHub.com でパーソナライズされたチャットなどの機能を介した方法があります。 処理される個人データの種類には、以下が含まれる場合があります。

  • ユーザー エンゲージメント データ: これには、受け入れられたか却下された入力候補、エラー メッセージ、システム ログ、製品使用状況メトリックなど、ユーザーと Copilot とのやり取りでキャプチャされた仮の識別子が含まれます。
  • プロンプト: これは、チャットまたはコード用の入力であり、コンテキストと共に、提案を生成するために Copilot の AI に送信されます。
  • 提案: これは、ユーザーのプロンプトに基づいてユーザーに提供される AI 生成のコード行またはチャット応答です。
  • フィードバック データ: これは、リアクション (サムズアップ/サムズダウンなど) やオプションのコメントなどのリアルタイムのユーザー フィードバックと、サポート チケットからのフィードバックで構成されます。

GitHub Copilot の一般的な使用、製品への影響、人間、監視、プライバシーの詳細については、 GitHub Copilot に関する FAQ の包括的なリストを参照してください。

GitHub が Copilot データを使用する方法は、ユーザーが Copilot にアクセスする方法とその目的によって異なります。 ユーザーは、Web、拡張機能、モバイル アプリ、コンピューター ターミナル、さまざまな IDE (統合開発環境) を介して GitHub Copilot にアクセスできます。 GitHub は通常、個人データを使用して次を行います。

  • お客様の構成と使用状況に従ってサービスを提供、維持、更新し、パーソナライズされたエクスペリエンスと推奨事項を確保します
  • ソフトウェアのバグを修正し、オンライン サービスの機能と最新の状態を維持することによる、セキュリティ インシデントや製品関連などの問題の防止、検出、解決、軽減を含むトラブルシューティング
  • サービスを最新の状態に保ち、サービスの運用を維持することで、ユーザーの生産性、信頼性、有効性、品質、プライバシー、アクセシビリティ、セキュリティを強化します

これらのプラクティスの概要は、GitHub のデータ保護契約 (DPA) で説明されています。これには、データ コントローラーのお客様に対する Microsoft のデータ処理の取り組みが詳しく記載されています。

GitHub では、次の目的で、DPA に基づいて顧客の承認を得て特定の個人データを使用します。

  • 請求とアカウント管理
  • 法的義務に準拠して解決する
  • 乱用の検出、防止、保護、ウイルス スキャン、サービス使用条件の違反を検出するためのスキャン
  • 従業員のコミッションとパートナーのインセンティブを計算するための要約レポートを生成する
  • 予測、収益分析、容量計画、製品戦略などの分野をカバーする、内部使用と戦略的計画に関する集計レポートを作成する

コントローラーとしての GitHub のデータ処理アクティビティ (特に Copilot の個々のお客様向け) の詳細については、「GitHub のプライバシーに関する声明」をご覧ください。

GitHub Copilot の主な IP 考慮事項は、著作権に関連しています。 Copilot を強化するモデルは、公的にアクセス可能なコードの広範なコレクションでトレーニングされています。これには、著作権で保護されたコードが含まれる可能性があります。Copilot の提案は (まれに)、モデルがトレーニングされたコードと似ている場合があります。 ここでは、これらの考慮事項について知っておくべき基本的な情報を示します。

著作権法では、AI モデルのトレーニングに著作権で保護された作品を使用することが許可されています。世界中の国々は、ソフトウェア コードを含む、著作権で保護された資料からマシンがパターンと事実を学習、理解、抽出することを可能にする著作権法を規定しています。 たとえば、欧州連合、日本、シンガポールには、機械学習による AI モデルの開発を許可する明確な規定があります。 カナダ、インド、米国を含む他の国でも、公正使用または公正取引に関する規定に基づいてそのようなトレーニングが許可されています。 GitHub Copilot の AI モデルは、GitHub のパブリック リポジトリからのコードを使用してトレーニングされました。このリポジトリは公的にアクセス可能で、許容される著作権の使用の範囲内に収まっています。

提案には著作権に関してどのようなリスクがありますか? まれに (GitHub の調査に基づくと 1% 未満)、GitHub からの提案は、GitHub の AI モデルのトレーニングに使用されるコードの例と一致する場合があります。 また、Copilot はコードを “検索” したり “コピーして貼り付け” たりしませんが、代わりにユーザーのワークスペースのコンテキストを使用して合成し、提案を生成します。

Microsoft のエクスペリエンスでは、一致する提案が最も発生する可能性が高いのは次の2つの状況下です。(i) Copilot のモデル用のコード エディターで合成するためのコンテキストがほとんどないか、ない場合、または (ii) 一致する提案が一般的なアプローチまたはメソッドを表す場合。 コードの提案が既存のコードと一致する場合、その提案を使用すると、著作権侵害の申し立てが発生する可能性があります。これは、使用されるコードの量と性質、コードの使用方法のコンテキストによって異なります。 多くの点で、これは、オンライン ソースからのコードのコピーやライブラリからのコードの再利用など、開発者が作成したものではないコードを使用する場合に生じるのと同じリスクです。 これが、責任を負う組織と開発者が、コード スキャン ポリシーを使用して一致する可能性のあるコードを特定および評価することをユーザーに勧める理由です。

Copilot では、GitHub.com で公開されているコードと一致するコード入力候補を Copilot が提案することを許可するかどうかを選択できます。 詳細については、「GitHub.com での GitHub Copilot 設定の構成」を参照してください。 パブリック コードと一致する提案を許可した場合、GitHub Copilot は、ユーザーがそのような提案を受け入れるときに、一致するコードに関する詳細をユーザーに提供できます。 コードが一致することは必ずしも著作権侵害を意味するわけではありません。このため、最終的に、推奨を使用するかどうか、および適切な状況下でコードの一致が起因する対象とユーザー (と共にその他のライセンスのコンプライアンス) を決定するのはユーザーの責任です。

GitHub Copilot の一般的な使用、製品への影響、人間、同意、プライバシーの詳細については、 GitHub Copilot に関する FAQ の包括的なリストを参照してください。

GitHub Copilot の無料試用版を開始する

フィードバック