Skip to content
スキップしてメイン コンテンツへ
///Visual C++ クロスプラットフォーム モバイル | Visual Studio
Visual C++ クロスプラットフォーム モバイル | Visual Studio2019-02-26T10:23:02-07:00

Visual C++ クロスプラットフォーム モバイル

1 つの開発環境を使って iOS、Android、Windows アプリケーションを開発

様々なプラットフォームに対応

C++ はモバイル アプリ開発に最適な言語

既存の C++ ライブラリを移行して Android、iOS、Windows プラットフォームを対象にしたり、これらの C++ ライブラリを使用して完全な Xamarin Android Native、Java Native Interface、iOS アプリケーションをビルドしたりできます。 また、完全な Android Native-Activity アプリケーションをすべて Visual Studio 内で開発することもできます。

活性化

一般的なアプリ機能のビルドを支援するコード テンプレートとサンプル

Visual C++ でさまざまなクロスプラットフォーム モバイル テンプレートの中から選択し、クロスプラットフォームのニーズへの対応で有利なスタートを切りましょう。

Xcode との共同開発

Visual Studio と Xcode で iOS アプリケーションをシームレスに開発

既存の iOS アプリケーションを Xcode から Visual Studio にインポートします。 iOS アプリケーションに C++ 以外の変更 (ストーリーボード、UI デザイン) が必要になった場合は、プロジェクトを簡単に Xcode で開くことができます。変更が終わった後は、Visual Studio によって自動的にプロジェクトが再度読み込まれるため、C++ コードの開発を続けることができます。

ビルドと実行

いつでも使用可能

一般的な Ant、Gradle、Clang/GCC ベースのツールチェーンを活用して、Android と iOS のネイティブ バイナリをビルドします。 簡単に新しいファイルを追加し、プロパティ ページを使用してコンパイラ設定を微調整することで、クロスプラットフォーム バイナリのビルド、デバッグ、最適化を行います。 また、プリコンパイル ヘッダーなどの高度な機能を使用してビルド時間を短縮することもできます。

強力なコーディング ツール

IntelliSense、リファクタリング、参照

共有のクロスプラットフォーム コードを統一して編集、参照、リファクタリングのすべてを行うことにより、Visual Studio の生産性が比類なく向上します。 特定のプラットフォーム用にビルドせずに、プラットフォーム API を表示したりコードを検証したりするには、クロスプラットフォーム IntelliSense を使用します。

コードを共有する

既存の C++ ライブラリを再利用する

共有のプロジェクト構造を使用して、プラットフォーム固有コードの薄い層を持つ単一ソリューション内でクロスプラットフォーム モバイル コードを共有すると、クロスプラットフォーム アプリケーションを簡単にビルド、デバッグ、配置できます

堅牢なデバッグ

エミュレーターやデバイスでのローカルとリモートのデバッグ

強力な Visual Studio のデバッグ機能を使用して、Java とネイティブのクロスプラットフォーム バイナリをデバッグします。 エミュレーターやデバイス上のクロスプラットフォーム バイナリをデバッグするときに、ブレークポイントの設定、式の評価、ウォッチの設定、Natvis 視覚化の活用を行います。 さらに、Android 開発者は、Visual Studio にすべてを移動せずに、外部でビルドされたアプリケーション パッケージ ファイルをデバッグすることもできます。

Free, fully-featured IDE for students, open-source and individual
developers

Free download

Professional developer tools, services, and subscription benefits for small
teams

Free trial

End-to-end solution to meet demanding quality and scale needs of teams of all
sizes

Free trial

Feedback